交流ひろば
  北高交流ひろば『と・ら・ま・い』とは?

 

 北高生が授業で育てた農産物や製造した加工食品を販売する施設です。
 北高にある各専門系列(食農・家庭・経情等)の連携により、総合学科ならではの系列横断型の学び合いの場を実現、 産業構造・就業構造の変化や6次産業化にも対応できる地域産業の担い手を育成することをめざして 開設しました。
※第6次産業とは、第1次産業に関わる生産者が、第2次産業の加工、第3次産業の流通・販売にも一貫して 取り組むこと。1、2、3を足しても掛けても6になることから第6次産業と呼ばれます。
 毎回多くの方々が訪れてくださり、開店前に長蛇の列ができるほどの大盛況です。
  販売商品の一例

 

大人気の米粉パン
大人気の米粉パン
大人気の米粉パン大人気の米粉パン
大人気の米粉麺大人気の米粉麺
秋には米も秋には米も
採れたての野菜採れたての野菜
麹から作った味噌と塩麹麹から作った
味噌と塩麹
地元の大豆を使った豆腐
地元の大豆を
使った豆腐
四季折々の草花四季折々の草花

※時期により販売商品は異なります。また、米粉パンはいつも開店後数分で売り切れてしまいます。

 

  令和3年度の開催予定日

 

 

令和3年度 とらまいの日程

toramai

 

※営業時間は、16時15分~16時45分です。

※冬季には閉店時刻を早める場合がありますので、予めご了承ください。

※感染症の状況によって変更する場合もあります。 

  各系列の『と・ら・ま・い』での主な活動内容

 

【食農系列】

野菜、草花の栽培
食品の加工

 【家庭系列】

レシピ作り
食試食会の企画実施
エコバック作製

【経情系列】

店の経営全般
経理、会計

【教養系列】

駐車場の整理
お客さまの誘導

【進学系列】

「とらまい通信」の編集発行

各系列が協力・連携して、地域のみなさまに長く愛されるよう努めています!!

 

  『と・ら・ま・い』の由来

 


「虎舞」は、現在の鹿又地区の八雲神社に伝わる伝統芸能です。本校では河南高校時代から、40年以上、生徒に 受け継がれてきました。この「虎舞」のように地域の皆様も覚えやすく、末永く受け入れられることを願い、 北高交流ひろば「と・ら・ま・い」と名付けました。